ずぼら母VS怪獣3兄弟

4歳2歳1歳の兄弟との怒涛の日々を綴るブログ

三男1歳の誕生日!…お風呂上がって20分でお子さまランチ風プレートごはんを作成。

三男坊がついに1歳になりました(*´∇`*)


長男次男の1歳の誕生日には、夕飯はお子さまランチ風のプレートごはんを作りました。


今日は平日なので普通に仕事でしたが、長男次男のときには作って三男に作らないわけにはいかないですよね( ̄▽ ̄;)


帰宅後1時間でお風呂→夕飯なので、夕飯準備には最大20分ほどしかかけられません。

前日準備をしっかりしておいて、誕生日らしく少し手をかけた夕飯を、いつもと同じ時間に出せるように頑張りました( ̄▽ ̄)b




1歳の誕生日メニューを3兄弟で比較↓


長男
・ジャムサンドを食パンマンに
・れんこんバーグをカレーパンマン
・マッシュポテトをアンパンマン
うずら水煮&プチトマトでキノコ形に
・スライスチーズを星に形抜き
・フルーツケーキ


次男
・おにぎりを花形に
・マッシュカボチャをジャッキー(くまのがっこう)に
・鶏ひきナゲットをスマイリーに
・オクラ&プチトマトのあえもの
・ハンバーグ&星に形抜きしたスライスチーズ
・市販のカップケーキ


三男
・ごはんをお山にして手作りの旗を立てる
・ハンバーグ&星に形抜きした人参グラッセ
・ツナ&コーン&キャベツ&マカロニサラダ
うずら水煮&プチトマトでキノコ形に
・人参パンケーキ



すべて写真が残っていますが、長男のときのメニューだけあからさまに手がこんでいます(^_^;)


初めての子の初めての誕生日は特別、というのもありますが…


長男のときは長男の分だけデコれば良かったのが、今は長男次男三男の3人分もデコる必要があるので…


長男のときのメニューを3人分も作ると、どれだけ前日準備を頑張っても20分ではタイムオーバーしてしまいます(;´д`)


次男のときはケーキが市販だったし、三男にはキャラクターは無しです。


長男1人のときは長男のためだけに全力でできたけど、次男三男と増えていくにつれて手抜きしていかざるを得なくなりますよね。



何はともあれ三男の1歳の誕生日が無事にすんでよかったです(*´∇`*)



次は7月に次男の3歳の誕生日。

そして8月に長男の5歳の誕生日。

あっという間に大きくなっていくなぁ。









ちなみに4月には私の29歳の誕生日。

もう20代最後だなんて嘘みたいΣ( ̄ロ ̄lll)笑

三男生後11ヶ月…0歳代最後の採血の結果。

今日は三男の定期通院日でした。


生後1ヶ月で発症した肝障害…


発症当初は「一時的なものですぐに下がってくるだろう」と言われていたのに、もうすぐ1年というところまできてしまいました。


退院後に受けた診察での「1歳になる頃には落ち着くと思いますよ」の言葉を信じてやってきて、今回、0歳代最後の採血にのぞみました。



結果は、

“ほぼほぼ正常値というところまで下がってきてはいるものの、まだ正常値ではない”

というものでした。



今日で通院が終わるかも…と少しは期待していましたが、やっぱり一筋縄ではいかないようです。

次回は3月に予約を入れてきました。



前回11月の採血でかなり上がってしまっていたので、ここまで下がっていただけで本当は充分すぎるくらいです。


次回こそ最後になるといいなぁ。






この通院が始まった頃、三男はまだ生後1ヶ月でした。


生後1ヶ月検診で体重増加不良との診断から総合病院へ紹介して頂き、そこで受けた採血で肝障害が見つかりました。


総合病院は待ち時間も長く、電車とバスを乗り継いで行くため移動にも時間がかかります。




通院開始当初はミルクを3回分も持って行っていました。




それが2回分になり…

1回分になり…

今日は初めてミルクを持たずに行きました。




水筒にお茶を入れて行けばそれでいい。

もしそれがなくなっても、コンビニで紙パックの飲み物を買えばいい。

お昼までかかっておなかが空いたら、コンビニでパンでも買って一緒に食べようねって言いながら。





1年前は待ち時間はずっと寝ていた三男も、今日は会計が終わるまで少しも寝ませんでした。


「絵本読もっか」って言ったら「あい!」って返ってきたりして。


ずっと一緒に遊んだり喋ったりしていたので、待ち時間に手持ちぶさたになることもなく。









1年前。


眠ってしまった三男を抱きながら、1時間も2時間も順番を待っていたとき。


本当に孤独だった。


ひとりで戦っているような気分になった。









三男も大きくなった。

きっともうすぐ良くなる。

乳幼児3人子育て…朝食に食パン&ヨーグルトはコストがかかるという話。

大人2人・幼児1人・乳児2人の5人家族のわが家ですが、1ヶ月の食費は3万円を予算にしています。


それが最近、厳しい(;´д`)



3万円の内訳は…


食材費
1週間5千円×4週間=2万円

米代
10キロ3千円×2袋=6千円

外食代
1回3千円


これで2万9千円。

3万円にギリギリですΣ(-∀-;)




ちなみに食費に含んでいないものは…


社食・給食費
主人と私の分は給与天引き、長男の分は保育料で計算、次男三男は無料です。

調味料代
日用品と一緒にネットで購入しているため、日用品代で計算しています。

誕生日などイベント時の食事代
外食か家かにかかわらず、賞与から取り分けてある特別会計から支出しています。





長男は人並みですが、次男はその長男と同じ量か場合によってはそれ以上に食べます。

長男と次男は1歳10ヶ月差。

にもかかわらず体格は次男の方がいいくらいで、服は長男120で次男110ですが、肌着は2人とも110です( ̄▽ ̄;)


そして三男。

離乳してからますますよく食べるようになり、長男次男の同じ時期と比べてはるかにガツガツしています。

小さめさんなのでたくさん食べてくれて歓迎なのですが、さすがに「もうやめときなさい」と強制終了させることもしばしばです。



そんな3兄弟に食べさせるには、食費が1ヶ月3万円というのはそろそろ限界。



1週間まとめ買いなのですが、

もやし2袋
豆苗
豆腐
キノコ数種類

↑たいてい安く売られているので、とりあえず毎回これだけはカゴに入れます( ̄▽ ̄)b



あと、食費を抑えるために最近変えたことがあります。

何を変えたかというと朝ごはんで、パンからごはんに切り替えました。



以前は…

大人
→ごはん(前日の残り)
→具沢山の味噌汁

子ども
→食パン(ジャムかチーズ)
→具沢山の味噌汁
→ヨーグルト

このパターンが定番でした。


味噌汁さえ作れば、パンもヨーグルトも出すだけで簡単だし、献立を考える必要もなし。

朝は忙しいのでラクさ重視でずっとこれできましたが、子どもたちがよく食べるようになってきて問題が発生しました…。


まず食パン。

数ヶ月前までは
長男→1枚
次男→3/4枚
三男→1/4枚
トータル2枚

それが今では
長男→1枚~1枚半
次男→1枚~1枚半
三男→3/4枚~1枚
トータル2+3/4枚~4枚


1週間で6枚切りを2斤買っていたのが(もともと1週間のうち1日はごはんの日でした)、今では4斤買っておかないともちません。


そしてヨーグルトも、1週間で1パックで充分いけたのが、今では1パックが3日でなくなります。



これではコストがかかりすぎるΣ( ̄ロ ̄lll)



なので、このように切り替えました↓

大人・子ども
→ごはん
(前日の残りか冷凍のものなので、たいてい混ぜごはんかチャーハンか丼ものにします)
→おかず1品
(前日の残りをアレンジすることが多いです)
→味噌汁
(具は少なめのシンプルなもの)



作るのに時間はかかるようになりましたが、おかげで食費の予算オーバーは回避できています。

栄養価的にも腹持ち的にも今の方がいいんじゃないかな、と思います(  ̄ー ̄)ノ




しかしこのまま子どもたちの食事量がガンガン増え続けるなら、1ヶ月の食費3万円を見直すことになる日は近いなぁ…。

頑張って働きます(;´д`)

医療費控除の申告書類を作成しました!…去年の医療費と病気まとめ。

年が明けたので、平成29年分の医療費控除の申告書類の準備をしました。


間をおかずに妊娠出産を繰返してきたため、平成25年分から毎年ずっと医療費控除を受けています。

平成25年→長男妊娠出産
平成26年→次男妊娠
平成27年→次男妊娠出産
平成28年→三男妊娠
平成29年→三男妊娠出産


とはいえ、10万を大幅に超えることはないので、還付金はほんのわずかです。

ほんのわずかでも、落ちてはいませんからね。



もう5回目なので、だいぶ慣れてきました。




ちなみに昨年かかった医療費の内訳はこんな感じでした。


主人・7万1千円
→食道炎、肺炎、ロタ、風邪

私・4万8千円
→妊娠出産、インフル、アデノウイルス

長男・2千6百円
→インフル、ロタ、風邪

次男・2千8百円
→インフル、水疱瘡、ロタ、風邪

三男・8千円
→肝障害、ロタ、肘内症、とびひ、RS、中耳炎、風邪


額はおよそです。



出産した私より医療費がかかっている主人…

肺炎で2ヶ月ぐらい通院、しかも去年1年で2回もなっていました!

それでも禁煙しないのだから呆れます。



そして去年は長男→次男→私でインフル感染し、三男→次男→主人→長男でロタ感染するという、保育園っ子子育てあるあるにも陥ってしまいましたΣ(-∀-;)


ワクチン接種済みにもかかわらず次男は水疱瘡にかかるし、どこでもらってきたのか大人なのに私はアデノウイルスにかかるし。


あと、三男は病気しまくりですね( ̄▽ ̄;)

乳幼児医療の医療証が使えるので、1医療機関あたり1ヶ月200円でいいはずなのに…

毎月行ってても、1年で2,400円でいいはずなのに…!

いろんな病気になるので、いろんな医療機関を受診した結果、年間8,000円も医療費がかかってしまいましたΣ(ノд<)






今年は私の妊娠出産もないので、来年もう申告しないでいいように。

家族5人とも健康で過ごせるといいな。

三男もうすぐ1歳!…1年前の出産レポ

三男、いよいよ来週で1歳になりますq(^-^q)


大きめで生まれたはずが、体重増加不良であっという間に小さめ赤ちゃんになり、いまだにこじんまりしている三男。


肝障害もいまだ治癒せず、ロタやRSになったり、風邪と中耳炎をくりかえし続けたり、そういえば肘が抜けたこともありました。


小さくてひ弱な三男。

みんなでめいっぱい大切にしてきた結果、とっても態度が大きくて存在感も日に日に増してきています( ̄▽ ̄;)





1年前の出産レポ載せます。


2017.01.17(40w3d)


6時

いつもどおり起床。

朝食の準備を始める。


6時30分

長男次男を起こしてトイレへ行かせる。

次男を便座に抱えあげた瞬間、下腹部に鋭い痛みが走るΣ( ̄ロ ̄lll)

痛みが収まらないまま朝食。

朝食が終わる頃には痛みがかなり増していて、陣痛かもと疑い始める。

痛みに堪えながら朝食の片づけやら布団上げやら家事をこなす。


7時すぎ

トイレにておしるしがあり、陣痛と確信。

主人の車で長男次男を保育園に送って行って、その足で産院に行くことに決める。


7時30分

保育園で預け入れの準備をしている間にも、どんどん痛みがつらくなってくる。

痛みがある間はうずくまっていて、痛みが去っている間に急いで預け入れの準備をする。

↑今から思えば完全に不審者( ̄▽ ̄;)


産院へ向かう車の中で、やっと陣痛の間隔を測ってみる。(←めっちゃ今更w)

すでに3分間隔!Σ(×_×;)


8時

産院到着。

子宮口4センチで入院。

急には休めないと言って仕事に行く主人。

実母に連絡したところ、健康診断を受けてから向かうとのこと。

長男9時間、次男5時間で産んでいるため、主人と実母の到着に間に合わない可能性が高い…。

長男のときは主人と実母、次男のときは主人が立ち会ってくれたけど、今回は立ち会いなしを覚悟する。

かなり心細い( ;∀;)


9時

そうこうしているうちに子宮口8センチ。


9時20分

子宮口全開!

助産師さんが先生にコールするも、なかなか来ない。

「まだ破水しないで!」と言われる。

そんなムチャなΣ(-∀-;)

何回かいきみを逃したところで先生到着。

破水。


頭はすぐに出たものの、肩がつかえてなかなか出てこない。

助産師さんにお腹をボウボウ押される。


9時25分

三男誕生
3,630グラム・52センチ
分娩時間→2時間30分




これは余談ですが…

三男出産直後は出血が多く、点滴で止血剤を流してもらったり、抗生剤や収縮剤を服用させてもらったりしました。

後陣痛もかなり酷く、意識がぼんやりしていました。

熱も37度台後半。

病室に移動できたのは16時をすぎてからでした。


熱は2日ほど高めで、体調もよくなく、精神的にも落ち込みがちで…

あまり育児の意欲がわかないまま5日すぎて退院になりました。


主人は退院当日は休みでしたが、翌日から普通に仕事。

里帰りせず、里も来ずだったので、産後6日から3兄弟育児と家事で怒涛の日々でした。


本当につらかったなぁ。







三男はわが家の最後の赤ちゃん。

それがもう1歳だなんて。


いつまでも赤ちゃんでいてほしいけど、いつまでも赤ちゃんではいないんだよね。


あっという間に次男みたいに2歳になって、あっという間に長男みたいに4歳になるのか。



1歳の、1日1日を大切にしていかないと。

学資保険を月払いから年払いへ…今年はいろいろ見直していきます!

わが家は子ども3人ともに学資保険をかけています。


掛け金は月々およそ8,000円で、3人あわせて24,000円ほどにもなるので貧乏世帯のわが家には正直苦しい…。


ただ、貧乏世帯だからこそ、毎月赤字だなんだと言って貯金できずにズルズルいくのが怖いので、強制的に貯金しているという感覚です。


月払いだと最終的に少し元本割れしてしまうのですが、年払いで9万いくらも一括で支払うことに対する不安感から月払いできました。



それを、今年は見直すことにしました!


子ども3人産み終えて、これからは妊娠出産で私の収入が途絶えることもないし。

不妊治療費や妊婦検診代、出産費用を工面する必要ももうない。

そして転職したことで以前より私の収入は上がっています。


年払いのために、毎月ちゃんと自分たちで積み立てておける目処が立ってきました。




電話で問い合わせてみたところ、契約月に手続きしないと変更できないとのこと。


長男は10月、次男は8月、三男は来月です。






私は''子どもたちがそれぞれ高校卒業するまでに1人あたり500万''の貯金を目標にしています。


3人で1,500万Σ(-∀-;)


学資保険は満期で1人あたり200万、3人で600万です。


残りの900万を何とか貯めていかないといけない…子どもが保育園~小学校低学年くらいまでが勝負ですよね。



支出を見直して削減できるようにしたり、収入を増やすことも考えたりしつつ、今年から本腰をいれていこうと思います(  ̄ー ̄)ノ

生後11ヶ月の三男がトイレでウンチ成功!…わが家流トイトレ。

長男次男ともに2歳の誕生日前後でトイトレが完了しているわが家。


保育園ではその頃からトイトレが始まるくらいなので、長男次男は開始と同時に完了しているような感じです。


先生方から見たらあっさり完了したように見えるので、トイトレがラクだったと思われがちですが…

実は家ではかなり早い月齢からトイトレを開始していて、長期戦の結果なんです( ̄▽ ̄;)



わが家のトイトレは1歳前から始まります。



ゆるゆるウンチの子だと難しいかもしれませんが、長男も次男も硬め~普通のウンチだったので、ウンチをするタイミングがよく分かりました。


ウンチをしようとしてるな、と感じたらすかさずトイレへ連れて行きます。



ちなみにわが家はオマル派ではなく補助便座派です。

オマルを洗うのが面倒なのと、保育園でもオマルではなく乳児用の小さなトイレを使うので。



長男も次男も、オムツでするより便座に座った方が力が入りやすいのか、トイレでウンチを嫌がることはありませんでした。


何回か連れて行くうちに、ウンチのときは自らトイレへ行くようになって、1歳半ですでにウンチをオムツですることはなかったと思います。


で、その頃からオシッコもトイレでしたらいいということを教えて、節目節目にトイレへ誘うようにします。


この段階で長男は少しつまづきました。

トイレに座れたらシールを貼っていいよ、というシステムを導入したことを覚えています。

その点、何でも長男のマネをしたい次男は、長男の後をついてトイレへ向かってくれました。



そうこうしているうちに、1日に何度かはトイレでオシッコも成功するようになってきます。

これがだいたい2歳になる少し前。



ここまできたら、トレパンとかすっ飛ばして思いきって綿パンツに移行します。

漏らされたら大惨事ですが( ̄▽ ̄;)



でもそのおかげで、


→オシッコが何分間隔で出るのかがつかめるので、トイレへの誘導が遅れずできるようになる


→オシッコが出た瞬間が目に見えて分かるので、出る前の感覚も分かるようになる



長男も次男も、このあと数日でオシッコのときも自らトイレへ行くようになりました。

これが2歳の誕生日前後のこと。

日中の家だけでなく、夜間も外出時も同時にオムツを外しています。




さて。

前置きが長くなりましたが、もうすぐ1歳の三男もトイトレを開始する時期がやってきました。


三男も長男次男と同じくウンチは硬め~普通なので、ウンチをしようとしてるな、というタイミングはかなり前からつかめていました。


そこで今朝、ついに補助便座へ移動!

嫌がることなく座ってくれて、やっぱり長男次男のときと同じく力が入りやすいのか、オムツでするよりスムーズにウンチが出たくらいでした( ̄▽ ̄)b


また長いトイトレの戦いが始まったなぁ…


少しでも早くオムツ不要になってくれた方が経済的にも助かるので(←本音が出たw)、地道に頑張っていこうと思います(  ̄ー ̄)ノ