ずぼら母VS怪獣3兄弟

4歳2歳0歳の兄弟との怒涛の日々を綴るブログ

次男と三男がRSになった件。

今週は1日しか出勤できませんでした…



ことの発端は、遡ること先週の木曜日。


夕方17時前に保育園から、三男が38度の熱があるとのことでお迎え要請。

帰宅後には解熱していて、翌日金曜は登園。

保育園でも熱は出ず。


土曜、熱がなかったので予防接種へ行った小児科で検温38度。

帰宅後には解熱するものの、夕方にまたしても38度近くまで上がる。

夜には解熱して、さらに翌日の日曜は朝から平熱。



↑熱が上がったり下がったりで、正直少し心配していました。

鼻水や咳は少しありましたが、水曜に検尿の件で総合病院へ行った際に薬をもらっていて、それを服用していました。


機嫌はよく、離乳食もミルクもいつも通り。

オシッコやウンチもいつも通り。




ここから先の経緯をまとめてみました↓


日曜

長男…元気
次男…元気
三男…お昼寝起きから38度台で解熱せず


上がったり下がったりしていた三男の体温ですが、ついに解熱しなくなりました。

夜中には39度…。


月曜

長男…元気
次男…夜から咳
三男…38度台続く。鼻水がひどい。咳少し。


この日は暴風警報のため保育園が休園。

私も仕事を休ませてもらい、熱が下がらない三男のため、長男次男も連れて総合病院を受診。


三男、咳はさほどしていなかったものの、呼吸がゼロゼロしていて「気管支炎かな?お母さんは喘息がありますか?」と主治医に聞かれたりしました。
(私も主人も喘息ではありません)

薬を処方して終わりっぽい雰囲気だったので、肝機能の採血を依頼。

「高熱が続いたので、肝臓が心配です」と言うと、「採血しておきましょう」と二つ返事。

「ついでにRSの検査もしましょうか、流行ってるんで」ということで、痰もとることに。



結果…

肝機能は少し悪くなっている程度。

RSは陽性!



「今後の病状次第では入院もありえます」と、検査前とは重大さが全く違う感じの主治医。


ついでにした検査で陽性が出て、しかも入院の話になるなんて驚いてしまいました。

私が肝臓の話をしなければ、痰の検査もおこなわれることはなく、三男がRSだともわからなかったんですよね…



とりあえず、水曜に検尿の再検査で予約してあるので、そのときに病状もみるということで入院回避。


離乳食も機嫌よく食べていましたが、しばらくは中止になりました。



で、夜。

次男が咳をし始めます。



火曜

長男…元気
次男…咳
三男…38度台続く。鼻水かなりひどい。


お迎えのときに実母がヘルプに来てくれるというので、長男だけ登園させました。


私は引き続き仕事を休み、次男のために近所の小児科へ。
次男は持病がないので近所の小児科ですませました)


三男はRS陽性でしたが、咳より鼻水の方がひどいです。

咳は次男の方がひどいくらい。
次男は検査せず…陽性でも陰性でも特効薬はないので、とのこと)



水曜

長男…元気
次男…発熱38度台。
三男…37度台まで下がる。鼻水かなりひどい。


この日は主人が休みだったので、私は仕事へ行きました。


主人が次男三男を連れて、三男の検尿の精密検査とRSの病状確認ために総合病院へ。


検尿の件は問題なく、経過観察終了。


RSの方も、ミルクの飲みが多少落ちているものの問題ない程度。

自宅安静でよいとのことで入院回避。




木曜(今日)

長男…元気
次男…解熱。咳少し。
三男…37度台。鼻水ひどいまま。


ヘルプがないので、今日は3人とも保育園を休みました。

もちろん私も仕事に行けず。


次男はさすが2歳、重くなることなく回復期に入った感じです。


三男はいよいよミルクの飲みが悪くなり、1回あたり60ミリとかしか飲みません。


しかしもともとミルクより離乳食が好きなので、熱も下がり始めていることだしと少し離乳食を与えてみたところ、ガツガツ食べてくれましたΣ(゚д゚lll)


鼻水がひどいから、哺乳瓶がつらいのかなぁ。


せっせと鼻吸い器で吸ってあげていますが、エンドレスに出る&詰まり続けている状態です。





↑こんな感じで、グダグダなまま盆休暇に入ってしまいました。


とにかく入院回避できたことが何より。

あと、どさくさに紛れていましたが、三男の腎臓が問題なかったり肝臓もさほど悪くなっていなかったりして、それも何よりでした。




盆はゆっくり過ごそうと思います。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村