ずぼら母VS怪獣3兄弟

4歳2歳1歳の兄弟との怒涛の日々を綴るブログ

生後11ヶ月の三男がトイレでウンチ成功!…わが家流トイトレ。

長男次男ともに2歳の誕生日前後でトイトレが完了しているわが家。


保育園ではその頃からトイトレが始まるくらいなので、長男次男は開始と同時に完了しているような感じです。


先生方から見たらあっさり完了したように見えるので、トイトレがラクだったと思われがちですが…

実は家ではかなり早い月齢からトイトレを開始していて、長期戦の結果なんです( ̄▽ ̄;)



わが家のトイトレは1歳前から始まります。



ゆるゆるウンチの子だと難しいかもしれませんが、長男も次男も硬め~普通のウンチだったので、ウンチをするタイミングがよく分かりました。


ウンチをしようとしてるな、と感じたらすかさずトイレへ連れて行きます。



ちなみにわが家はオマル派ではなく補助便座派です。

オマルを洗うのが面倒なのと、保育園でもオマルではなく乳児用の小さなトイレを使うので。



長男も次男も、オムツでするより便座に座った方が力が入りやすいのか、トイレでウンチを嫌がることはありませんでした。


何回か連れて行くうちに、ウンチのときは自らトイレへ行くようになって、1歳半ですでにウンチをオムツですることはなかったと思います。


で、その頃からオシッコもトイレでしたらいいということを教えて、節目節目にトイレへ誘うようにします。


この段階で長男は少しつまづきました。

トイレに座れたらシールを貼っていいよ、というシステムを導入したことを覚えています。

その点、何でも長男のマネをしたい次男は、長男の後をついてトイレへ向かってくれました。



そうこうしているうちに、1日に何度かはトイレでオシッコも成功するようになってきます。

これがだいたい2歳になる少し前。



ここまできたら、トレパンとかすっ飛ばして思いきって綿パンツに移行します。

漏らされたら大惨事ですが( ̄▽ ̄;)



でもそのおかげで、


→オシッコが何分間隔で出るのかがつかめるので、トイレへの誘導が遅れずできるようになる


→オシッコが出た瞬間が目に見えて分かるので、出る前の感覚も分かるようになる



長男も次男も、このあと数日でオシッコのときも自らトイレへ行くようになりました。

これが2歳の誕生日前後のこと。

日中の家だけでなく、夜間も外出時も同時にオムツを外しています。




さて。

前置きが長くなりましたが、もうすぐ1歳の三男もトイトレを開始する時期がやってきました。


三男も長男次男と同じくウンチは硬め~普通なので、ウンチをしようとしてるな、というタイミングはかなり前からつかめていました。


そこで今朝、ついに補助便座へ移動!

嫌がることなく座ってくれて、やっぱり長男次男のときと同じく力が入りやすいのか、オムツでするよりスムーズにウンチが出たくらいでした( ̄▽ ̄)b


また長いトイトレの戦いが始まったなぁ…


少しでも早くオムツ不要になってくれた方が経済的にも助かるので(←本音が出たw)、地道に頑張っていこうと思います(  ̄ー ̄)ノ