ずぼら母VS怪獣3兄弟

4歳2歳1歳の兄弟との怒涛の日々を綴るブログ

三男生後11ヶ月…0歳代最後の採血の結果。

今日は三男の定期通院日でした。


生後1ヶ月で発症した肝障害…


発症当初は「一時的なものですぐに下がってくるだろう」と言われていたのに、もうすぐ1年というところまできてしまいました。


退院後に受けた診察での「1歳になる頃には落ち着くと思いますよ」の言葉を信じてやってきて、今回、0歳代最後の採血にのぞみました。



結果は、

“ほぼほぼ正常値というところまで下がってきてはいるものの、まだ正常値ではない”

というものでした。



今日で通院が終わるかも…と少しは期待していましたが、やっぱり一筋縄ではいかないようです。

次回は3月に予約を入れてきました。



前回11月の採血でかなり上がってしまっていたので、ここまで下がっていただけで本当は充分すぎるくらいです。


次回こそ最後になるといいなぁ。






この通院が始まった頃、三男はまだ生後1ヶ月でした。


生後1ヶ月検診で体重増加不良との診断から総合病院へ紹介して頂き、そこで受けた採血で肝障害が見つかりました。


総合病院は待ち時間も長く、電車とバスを乗り継いで行くため移動にも時間がかかります。




通院開始当初はミルクを3回分も持って行っていました。




それが2回分になり…

1回分になり…

今日は初めてミルクを持たずに行きました。




水筒にお茶を入れて行けばそれでいい。

もしそれがなくなっても、コンビニで紙パックの飲み物を買えばいい。

お昼までかかっておなかが空いたら、コンビニでパンでも買って一緒に食べようねって言いながら。





1年前は待ち時間はずっと寝ていた三男も、今日は会計が終わるまで少しも寝ませんでした。


「絵本読もっか」って言ったら「あい!」って返ってきたりして。


ずっと一緒に遊んだり喋ったりしていたので、待ち時間に手持ちぶさたになることもなく。









1年前。


眠ってしまった三男を抱きながら、1時間も2時間も順番を待っていたとき。


本当に孤独だった。


ひとりで戦っているような気分になった。









三男も大きくなった。

きっともうすぐ良くなる。